電話番号06-6972-8844

〒537-0001 大阪府大阪市東成区深江北1-3-19

大阪市東成区の泌尿器科,皮膚科,内科,小児科,アレルギー科。包茎手術,パイプカット,ED,バイアグラ,性行為感染症(性病)

性行為感染症

性行為感染症(性病)

STDとは、SEXUALLY TRANSMITTED DISEASES(性行為感染症)の略です。以前よりずっと“性病”と言われてきた病気ですが、現在では“STD”と言われるのが一般的です。この方が語感がいいですね。STDは性行為やその類似行為(オーラルセックス、アナールセックスなど)によって、感染するものの総称なので、性行為中に陰毛どうしが触れることでうつる毛ジラミなどもSTDに分類されます。エイズのように未だに恐ろしい病気もありますが、多くは通院による専門医の治療で完治するようになりました。

ここで大切なことは『STDにかかったかな?』と疑いのある方は恥ずかしがらずに、早めに専門医の診察を受けることです。STDに限らず、病気は早期治療が一番大切です。STDには自然治癒はないと考えてください。 以下、STDの代表的なものを紹介します。

1.淋菌性尿道炎(淋病)

淋菌性尿道炎はその字のごとく淋菌という病原菌によって引き起こされる尿道の炎症です。オーラルセックスや 性行為により感染したあと、3日ないし1週間程度経過して、尿道からクリーム色や黄緑っぽい色のウミが出てきたら、淋病の疑い濃厚です。

しかもオシッコするとメチャクチャ痛みを感じるようなら、間違いありません。これを無理に我慢していると、炎症が慢性化してしまい、さらに尿道が狭くなって、オシッコを出にくくしてしまい大変なことになります。最近は抗生物質が効きにくい薬剤耐性淋菌が増えて、治療に抵抗することが多く、問題になっています。治療経験の多い専門医の診察を受けることをお勧めします。

2.非淋菌性尿道炎(クラミジア感染症)

淋菌以外の病原体によって引き起こされる尿道の炎症を非淋菌性尿道炎と言います。

その多くは“クラミジア”と呼ばれる非常に小さな菌によるものです。『クラミジア』の特徴的な症状としては、淋病よりも薄くてやや水っぽいウミが尿道から出て下着についたりし、排尿時の痛みは淋病よりも軽いことが多いです。

不快感程度や全く無症状のこともあるので要注意です。女性の場合は半数以上で自覚症状がないまま経過し、気がつかないうちに病状が進行したり、パートナーに感染したりしますから、特に注意が必要です。放置しておくと最悪の場合は不妊症の原因になるケースがままあるので、早めの治療をお勧めします。

3.梅毒

かつて梅毒と言えば、それは死を意味し、梅毒が原因で命を落とした歴史的人物、著名人なども多かったのですが、現在では梅毒は完璧に治療可能な病気に数えられています。それでは、簡単に梅毒の感染経過を説明します。一般に知られているように梅毒の潜伏期間は長く、人によるバラつきがあります。

感染後、約三週間程度たつと、まず始めにペニスに無痛性のシコリや潰瘍ができ、次には、股の付け根(鼠径部)にあるリンパ腺が腫れてきます。これらは自然になくなりますが、それから約三カ月後になると、バラ疹といわれる赤い斑点が体のあちこちに出現します。一般に梅毒判定には血液検査が用いられ、感染後、4週間から6週間程度経つと、血清梅毒反応が陽性に出ます。現在では優れた抗生物質や抗菌剤が開発されているので、安心ですが、稀に表面的な症状が出ないまま梅毒が進行してしまうケースもあるので、注意が必要です。
最近では梅毒患者を診たらエイズの合併を疑えと言われているように両者の合併例が増えています。

4.エイズ

エイズは1981年アメリカで発見され、その病原ウイルスであるHIVは1983年初めて分離されました。世界的な制圧の努力にもかかわらず、現在世界中で推定1000万人がHIVに感染しています。日本でも感染者数は徐々に増えており、男性の同性愛者以外に男性の異性愛者、女性の症例が増えています。

厚労省の2000年12月の報告ではエイズ発症患者2542人、HIV感染者5313人計7855人となっています。統計に表れない感染者も含めるとその数倍になるのかも知れません。

エイズを一言でいえば、人間の血液内にあるいろいろな免疫機能が低下してしまう非常に恐ろしい病気で、しかも症状がすぐに現れないというやっかいな特徴を持っています。感染後、2年から5年、あるいは7年ともいわれる潜伏期間で、一見スローテンポでウイルス感染が進行していくものと思われます。

ところが一旦発病するやいなや、その多くは1年以内に50%以上の人が亡くなる怖い病気です。さまざま抗ウイルス薬が開発されていますが、今のところ、残念ながら満足のいく結果は得られていません。感染後、6~8週間のウインドウピリオドがあるので、すぐに陽性反応を検出するのは無理ですが、生活するうえでのマナーとして血清検査を実施するのが常識になりそうです。とにかく身に覚えがある人は、一度エイズ検査を受けるといいでしょう。

5.陰部ヘルペス

陰部ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスという病原体による感染症です。風邪をひいた時、口の周りなどにできる痛痒い水泡(俗に言う熱の華)を口唇ヘルペスと言いますが、ウイルスのタイプが少し違うだけで、基本的にこれと同じ病気です。陰部周辺に小さな水泡ができるのが特徴で、それが破れて潰瘍になり、高熱が出て歩けないほど痛くなることもあります。

放っておいても、2週間位で自然に引っ込んでしまう場合も多いのですが、困ったことにヘルペスの症状が治まっても、ヘルペスウイルスがいなくなったわけではないのです。ウイルスは神経細胞にじっと潜んで、また暴れるチャンスを狙っているのです。再発しやすい病気であることを理解し、早めの治療が効果的です。

6.尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによる感染症です。コンジロームとも言ったりする病気で、ペニスの亀頭部分や付け根、包皮の内側部分に、カリフラワーのようなイボ状のものができる病気です。痛くも痒くもないので、ついそのままにした結果、どんどん増殖して、イボだらけになってから受診する人も珍しくありません。その間にパートナーに感染している可能性大です。

治療は電気メスを使って、電気的に凝固や切除する方法、液体窒素を使って冷凍凝固する方法、大きい場合は外科的に切除する方法があります。冷凍凝固法が痛みの軽さや傷の治り具合を考えると優れて いますが、再発率が高いようで、当院では高周波ラジオ波電気メスを使う手術を第一選択にしています。いずれにしても治療は早めに受けたほうが楽なのは言うまでもありません。包茎の人の発病率が高く、注意が必要な病気です。基本的には包茎の手術を施すことが必要ですが、尖圭コンジローマだけを取り除く治療は簡単にできます。

7.カンジダ性包皮炎

“カンジダ”というカビの一種によって亀頭や包皮が赤くなり、白いカスのようなものが覆う病気で、これも残念なことに、多くは包茎の人がかかってしまいます。治療法は簡単で、塗り薬の塗布で治ってしまうことが多いのですが、再発しやすいという難問もかかえており、根本的には包茎の手術を施すのが得策といえます。

8.B型ウイルス性肝炎

ウイルスによって肝臓の肝細胞が破壊されてしまう病気です。ウイルスの違いで、A型、B型、C型肝炎の三種類に大別されています。感染経路は主にA型肝炎は食べ物を通しての場合が多いのですが、問題のB型肝炎は性的接触によって感染するケースが非常に多く、B型肝炎ウイルス(HBV)は精液や膣液の中にも存在します。感染様式はHIVと似たところがあります。他には輸血によって感染する場合もあります。潜伏期間は、だいたい1カ月から2カ月。全身がだるくなり、食欲もなくなり、5~10日後に黄疸が出始めます。もうこれから先は、しばらくのあいだ入院してじっくりと治療しなければなりません。

MOBILE SITE 左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。
Page Top